86のブレーキパッド交換

ディーラーからリヤのパッドが残り少ないと指摘されたので、自分で交換してみた。

86のパッド交換は初めて。

心配していたホイールナットはすんなり外れてくれた。

キャリパーを止めるナットは14mm。AE101の時は12mmだった。

下回り、あちこち錆が出ていた。

画像


パッドはエンドレスのスーパーストリートSスポーツ。
画像


残量は3~4mmかな。
画像


片付け込みで30分で終了。次の交換の時は鳴き防止プレートはもう錆びてぼろぼろだろうな。
画像


交換の後、重要なことはブレーキペダルを何度か踏んでしっかりアタリを確認すること。いきなり走り出すとブレーキ利きません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

白CJ
2018年07月27日 21:49
本来は、キャリパーのピストンを押し戻しをしているので、ブレーキオイルもついでに交換して、配管内のエア抜きをした方が確実性が向上します。その時に純正シールキットを用いシール類の総交換を下方が、より良いです。
2018年07月27日 23:48
素早いご指摘ありがとうございます。
危機管理に対しての心構えが幅広いですね。
86のブレーキ交換しやすいです。来春にはフロントも交換する予定です。あとで自分でできる範囲のメンテナンスをおしえて下さい。

この記事へのトラックバック