1月は半分雪かきで終わった気がする。

24年新潟に住んで1番の積雪だった。
DSC_0205.JPG

中旬以降寒さがゆるんで今はほとんど雪は解けてくれた。

さて、もう半分は数学の問題を解いていた。
去年の秋くらいから数学検定準1級にチャレンジしようと思ってテキストを買ってちょっとやってみたけど知識の抜けが多いことに気づいた。
昭和に高校数学を習ったので複素平面はなかった。逆に今は無い行列は習っている。
複素平面だけ補えばいいかなと思ったけど、問題を解いていくと、知識云々よりも計算ミスが多い。
問題を写す時に+と-を間違えるなど不注意極まりない。

そこで基礎的な問題集をやって計算力を上げることにした。

高校の時に使った教科書傍用問題集を見たら初学者でもわかる問題からハイレベルな問題までぎっしり詰まっていてなかなか先に進めない。
簡単なのは書いていて手が疲れる。これは勉強ではなく作業だ。
そして解説がとっても貧弱。ハイレベルな問題も解き方がわからない。高校のとき、こんなの捨てて自分に合ったものを探せば良かった。

幸いユーチューブで問題集を紹介していてこれが今の自分にちょうど良い。
「6ヶ月でMARCHレベルに到達するための数学超速ルート」
https://www.youtube.com/watch?v=1z95L33NB7g
短期集中ゼミ→合格る計算→全レベル問題集(標準)

今短期集中ゼミの数学1A2Bをやっていて、これが時短テクニックとか入っていて受験準備にちょうど良い。
これをやっていたら気になっていた国立医学部の難しい問題もちょっと抜けがあるものの答えが合ってしまった。
(y=xの直線を軸に回転させた体積の問題)
高校のときこの問題集があったら良かったのに。

もう少しで終わるので、次は複素平面を覚えながら慣れる目的ではじめから解ける数学3問題集をやって、短期集中ゼミの数学3に行こうと思う。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント